パチンコ・スロットの交換率(換金率)とは?

パチンコ・スロットには交換率というものがあります。
同じ様に、換金率とも言われますね。

これは玉やメダルを借りた額に対して、交換する時の額の比率です。

基本的に、パチンコの玉は1000円で250玉を借り、スロットのメダルは1000円で50枚を借ります。

それをジェットに流しレシートを貰い、特殊景品に換金した時に1000円になった場合、これを「等価交換」です。

それに対し、換金額が1000円以下になってしまう場合は「非等価交換」となり、換金ギャップが発生して損をするわけです。

遊戯者からすれば当然、等価交換の場合の方が有利で、換金ギャップが大きければ大きいほど不利になります

パチンコホール・地域によって交換率は違う

交換率はパチンコホールによって違います。

メダル50枚を1000円で借りた場合、
50枚を交換して1000円になる等価交換の所もあれば、
56枚を交換して1000円になる所も、
60枚を交換して1000円になる非等価の所もあります。

50枚で1000円になった場合は、換金した時のメダル1枚の価値は20円ですが、
56枚で1000円になった場合は、換金した時のメダル1枚の価値は17.86円に、
56枚で1000円になった場合は、換金した時のメダル1枚の価値は16.67円になってしまいます。

その為、実際遊戯する前に交換率を知っておきたい所なんですが…、
パチンコホールは交換率を発表してはいけない決まりになっており、お店で交換率を聞いても基本的には教えてくれない所が多いですね。(場所によっては内緒で教えてくれる所もありますが…)

つまり、交換率はこちら側で実際打ったりして確認するか、特殊景品が何玉・何枚で交換されているのかを把握しなければわからないわけです。

自分が打ちなれているホールであれば知ってるので問題無いですが、初見のホールで交換ギャップが大きい場合は非常に困りますね。

交換率の確認方法

交換率の確認方法ですが、まず当サイトに交換率情報が載ってる可能性があるので、チェックしてみて下さい。

スロット・パチンコ 交換率(換金率)等価店検索 TOP

交換率が記載されてなかったり「非等価」…となっていて詳しい交換率が分からない場合は、実際ホールに足を運んで調べてみましょう。

まず手っ取り早いのが、パチンコホールのレジにある特殊景品の交換枚数表記です。
レジには、このような特殊景品が何枚で交換出来るのかが表記してある場合があります。

ホールによって様々ですが、このように「大景品」「中景品」「小景品」の交換枚数が表記されてます。

それぞれの特殊景品の価値はわからないので、推測するしかありません。
しかし大抵は、5000円、1500円、1000円、500円、200円、100円、…このあたりなので、交換枚数からある程度の推測は出来ます。

特殊景品

この場合は、20円スロットでの交換枚数がそれぞれ 25枚、50枚、250枚となってますね。

一番枚数が多い大景品は、大抵5000円景品である事がほとんどです。
よって、250枚=5000円 つまり、1枚=20円である事から
おそらく500円景品、1000円景品、5000円景品 である事が推測されます。

1枚20円貸しのホールであれば、そのまま1枚20円交換となり、つまりこのホールは等価交換である事がわかります。

そしてこちらの場合、
交換率2

20円スロットが50枚、75枚、275枚、での交換です。

大景品の275枚が5000円である事が推測され
5000÷275=18.18円 、1枚あたりの価値が18.18円になってしまう事から、非等価交換である事が推測されます。

100円分を交換するのに、5.5枚が必要な事から、このホールは5.5枚交換である事が推測されるという事になります。

1玉・1枚あたりの価値によっての交換率の表記は、下記の表を参考にしてください。

交換率情報は随時募集してます!
協力して頂ける方は、各都道府県の下にある情報掲示板に宜しくお願いいたします。

交換率で損をしないパチンコ・スロットの遊び方

等価交換の場合は1000円借りた出玉をそのまま交換しても1000円になるため、いくら現金を使っても特に問題はありません。

しかし非等価交換の場合は、現金を使えば使うほど損をします
つまり、極力現金で玉やメダルを借り手の遊戯は避けるべきで、出玉を使って遊ぶ事が損をしない秘訣になってきます。

そのためには、会員カードなどで「貯玉・貯メダル」をする事。

出玉が出て勝ったとしても、ホールに貯玉・貯メダルをしておけば、また次回ホールに来た時も出玉で遊戯する事が出来るわけです。

非等価ホールでは貯玉システムを利用し、再プレイをする事によって、現金投資を避けて無駄な投資を減らす事が有効になるわけですね

非等価ホールでの現金投資と再プレイ時の計算方法はこちらを参照。
再プレイと現金投資時の計算方法

交換率の種類と表示方法と計算

4円パチンコ
100円あたり 1玉あたり 等価に対しての倍率
25玉交換

(等価交換)

4円 1倍
28玉交換 3.57円 0.893倍
30玉交換 3.33円 0.833倍
33玉交換 3.03円 0.758倍
35玉交換 2.86円 0.714倍
40玉交換 2.5円 0.625倍
45玉交換 2.22円 0.556倍
50玉交換 2円 0.5倍
4.32円パチンコ
100円あたり 1玉あたり 等価に対しての倍率
23.2玉交換

(等価交換)

4.32円 1倍
25玉交換 4円 0.928倍
28玉交換 3.57円 0.829倍
30玉交換 3.33円 0.773倍
33玉交換 3.03円 0.703倍
1円パチンコ
100円あたり 1玉あたり 等価に対しての倍率
100玉交換
(等価交換)
1円 1倍
112玉交換 0.89円 0.893倍
120玉交換 0.83円 0.833倍
132玉交換 0.76円 0.758倍
140玉交換 0.71円 0.714倍
160玉交換 0.63円 0.625倍
180玉交換 0.56円 0.556倍
200玉交換 0.5円 0.5倍
20円スロット
100円あたり 1枚あたり 等価に対しての倍率
5.0枚交換

(等価交換)

20円 1倍
5.6枚玉交換 17.9円 0.893倍
6.0枚交換 16.7円 0.833倍
6.6枚交換 15.2円 0.758倍
7.0枚交換 14.3円 0.714倍
8.0枚交換 12.5円 0.625倍
9.0枚交換 11.1円 0.556倍
10.0枚交換 10円 0.5倍
21.6円スロット
100円あたり 1枚あたり 等価に対しての倍率
4.7枚交換

(等価交換)

21.6円 1倍
5.0枚玉交換 20円 0.94倍
5.6枚玉交換 17.9円 0.839倍
6.0枚交換 16.7円 0.783倍
6.6枚交換 15.2円 0.712倍
5円スロット
100円あたり 1枚あたり 等価に対しての倍率
20枚交換
(等価交換)
5円 1倍
22.4枚玉交換 4.46円 0.893倍
24枚交換 4.17円 0.833倍
26.4枚交換 3.79円 0.758倍
28枚交換 3.57円 0.714倍
32枚交換 3.13円 0.625倍
36枚交換 2.78円 0.556倍
40枚交換 2.5円 0.5倍

初心者がスロットで勝てるようになるには?

初心者がスロットで勝てるようになるためには、様々な知識が必要です。

非等価ホール・換金率などもその中の一つで、何も知らないで現金投資ばかりをしていると、換金ギャップによって大きく損をしてしまう…という事も多いのです。

実際にスロットで稼ごうと思っているのであれば、必ず、勝つための知識を付けてから実践を行ってください

スロットで年収600万以上勝つために
スロットカレッジ

   

パチンコ・スロットの交換率(換金率)とは?

このページの先頭へ